Please feel free to contact me. お気軽にご連絡ください。

メッセージを送信しましたSending complete

全ての傷が癒えますように _ May all your wounds heal-high.gif

斎藤英理は、1991年福島県生まれ。2015年和光大学表現学部芸術学科卒業。記憶や認識など目に見えない不確かな動態をモチーフに、映像メディアを用いて制作を行う。近年の主な展覧会に、「WVlog ; personal」(Art Center Ongoing, 東京, 2022年)、「暗くなるまで待っていて」(東京都美術館, 東京, 2021年)、「2020年の栄光」(YUMI ADACHI CONTEMPORARY+あをば荘, 東京, 2020年)、「1GB」(スパイラルホール, 東京, 2020年)など。スクリーニングには、「Le FIFA」(モントリオール, カナダ, 2022年)、「第14回 恵比寿映像祭」(東京都写真美術館, 東京, 2022年)、「イメージフォーラム・フェスティバル2020」(シアター・イメージフォーラム, 東京, 2020年)、「海に浮かぶ映画館」(神奈川, 2019年) など。

Eri Saito is a Japanese visual artist living and working in Tokyo. Born 1991 in Fukushima. Graduated from Wako University, Department of Arts, Faculty of Representational studies, in 2015. Focusing on the video, she creates works themed on such invisible and uncertain dynamics as memory and cognition. Her recent exhibitions include ”WVlog: personal” (Art Center Ongoing, Tokyo, 2022), “Until It Gets Dark” (Tokyo Metropolitan Art Museum, 2021), “Glory of 2020” (Yumi Adachi Contemporary / Awoba Soh, Tokyo, 2020), and “1GB” (Spiral Hall, Tokyo, 2020). Video works have been shown at occasions including the 40th edition of the International Festival of Films on Art [Le FIFA], (Montreal, Canada, 2022), Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2022 (Tokyo Photographic Art Museum, Tokyo, 2022), Image Forum Festival 2020 (Theatre Image Forum, Tokyo, 2020) and “The Movie Theater Floating on the Sea” (Kanagawa, 2019).

erisaito_edited_edited.jpg

©︎Eri Saito